石川県(金沢市・白山市・野々市市) インプラント矯正歯科、小児機能矯正小児歯科口腔外科顎関節症予防歯科審美歯科

なりのぼう歯科口腔外科クリニック

TEL 076-274-5432

インプラント治療

インプラント治療は口腔外科専門医、
インプラント専門医である院長が治療にあたります。

インプラント治療はどこで受けたらいいの?

インプラント治療を受ける際にどのような基準で施設を選択したら良いのでしょうか。
日本口腔インプラント学会からの提言を踏まえて専門医がお答えします。
(ただしこれがすべてではありません)


まず言えること、

   一般歯科治療とは全く次元の違う治療であること


   骨に人工物を埋入する外科的手術治療であるということ


   インプラントの専門知識が必要であること


 以下の基準が大まかな目安となると思いますので参考にしてください。

利点、欠点、またその他の治療法を含めて十分な説明を行ってくれる医師を選択してください。
周囲より隔離されている清潔な手術室が整備されている施設を選んでください。
CT装置が設置されている施設を選んでください。関連病院で撮影することでも良いです。ただし、設置されていることが推奨されます。
十分な知識、技術を持った医師を選択してください。
スタッフを含めた手術体制が十分できている。
全身状態を適切に管理できる医師を選択する。
インプラント専門衛生士がいる。
一口腔単位での治療を行ってくれる。
通院ができる範囲(年齢がいってもメンテナンスは必要です)

 以下に詳細を述べます


利点、欠点、またその他の治療法を含めて十分な説明を行ってくれる医師。

インプラント治療リスクを話さない、簡単な治療だと言う医師は注意してください。インプラントが最善の治療とは限りません。また外科治療には必ずリスクを伴います。十分なリスクの話も説明してくれる医師を選択して下さい。また『一生持ちます』は、ありませんのでご注意ください。すべての治療に欠点、利点があります。口腔全体を考えた将来展望をきっちり話してくれる医師を選んでください。

周囲より隔離されている清潔な手術室が整備されている。

基本的には人工物を骨に埋入する手術治療になります。常識として手術は清潔な手術室で行います。手術という十分な認識を持っている医師であれば整備しています。清潔環境下で行うことが手術の成功、感染の予防につながるからです。

CT装置が設置されている。

現在のインプラント治療の診査、診断にはCT検査が必要不可欠となっております。これまでのレントゲンによる勘の治療は終わりました。CT検査なしでのインプラント治療を行う施設は避けてください。一般病院においてCT(ヘリカルCT)を撮影する場合でも結構ですが、被爆線量が大きいことと、何度も撮影できないので、可能であれば自院に歯科用CTが装備されていることが理想です。

十分な知識、技術を持った医師を選択する。

これを判断するのは難しい問題です。
一つの選択基準を述べます。
現在の日本においてインプラントに関連する学術団体で厚生労働省の管轄下にあるのは(公社)日本口腔インプラント学会になります。学会認定の研修施設として全国の各歯学部付属病院、臨床系研修施設があります。
 選択の参考としては学会認定の研究施設で専門医養成講座を受けており、継続して研究所で研修を行っている医師。また学会には専門医制度がありますので学会認定の専門医を有している医師は、一定基準を超えた知識、技術を有している証になります。
 日本口腔インプラント学会は総会、地方会を含め年に6回開催され、教育講座、臨床技術研修などたくさんの研修機会があります。また学会認定の研究施設では研修会が定期的に開催され、在籍する医師は研修、研究を続けています。適切な研修を受け、研鑽を続けている医師を選択してください。
 石川県には学会認定研究施設がないのが現状です。
 よく日本口腔インプラント学会会員と書いてある場合がありますが、会費を納めて入会すれば会員です。学会にちゃんと参加して研修を受けているかは、また、別になります。ペーパー会員が多いのも現状です。

スタッフを含めた手術体制が十分できている。

手術はチーム医療になります。執刀医一人すぐれていてもだめです。手術は執刀医、第一助手、器具出し(必要な手術器具を渡す)の3人が連携して行います。
執刀医を助ける第一助手。歯科衛生士が助手を務めている施設もありますが、できれば歯科医師で十分な知識を有していることが理想です。執刀医と同等の知識を持つことにより適切なサポートが可能となるからです。スムーズで安全な手術につながります。器具を出す衛生士も当然インプラント治療に精通している必要があります。

全身状態を適切に管理できる医師。

インプラントは手術治療であり、また人工物を生体に埋め込む治療になります。手術治療において全身状態を十分に把握することが大切です。歯科以外の全身疾患にも精通して、治療に対する全身のリスクの把握、改善の必要性などを適切に判断し、必要であれば他科との連携を十分計れなければなりません。
 全身管理ができる医師を選んでください。

インプラント専門衛生士がいる。

インプラントが長く機能するためには治療も大切でありますが、術後のメンテナンスが重要になります。ここは歯科衛生士が担当することになります。インプラントは天然歯とは異なったメンテナンスが必要となります。つまりインプラントの十分な知識が必要となります。
 日本口腔インプラント学会には歯科衛生士の研修システムもあります。衛生士も学会に在籍し研修を受け、研鑽することが大切です。

一口腔単位での治療を行う。

インプラント治療はあくまでも歯が欠損したところの治療の一つであります。その他治療、歯周病治療、う蝕治療、歯の根管治療、咬合治療などが適切に行えてなければ何の意味もなしません。ただ抜歯してインプラント治療の繰り返しになっていきます。歯の保存を第一に考える医師を選択してください。口腔内全体を一つとして総合的に治療していく、総合力が必要です。

通院できる範囲

これは意外に重要です。年齢がいって通えなくなる範囲は避けた方が良いです。
インプラントのメンテナンスは基本的に治療を受けた医院で行ってください。国内にインプラントの種類は30種類以上あります。種類が変わると専用器具がないとメンテナンスできません。他の医院に行って種類が違えばメンテナンスできない場合もあります。
 また治療内容、将来展望を考えて治療方針を立てていますので、極力同じ医院で継続してメンテナンス、治療を受けていくことが理想です。
 つまり一生通院できる医院を選んでください。遠方だと高齢になると通院できなくなります。
 できれば訪問診療もしてくれると将来安心ですね。


まだまだたくさんありますが、重要度の高いのが以上だと考えます。

pagetop

石川県(金沢市・白山市・野々市市)
インプラント矯正歯科、小児機能矯正小児歯科口腔外科顎関節症予防歯科審美歯科

なりのぼう歯科口腔外科クリニック

〒924-0039 石川県白山市北安田西1丁目19 TEL 076-274-5432

Copyright(c) 2007 NARINOBOU oral surgery & dental clinic. All rights reserved.