石川県(金沢市・白山市・野々市市) インプラント矯正歯科、小児機能矯正小児歯科口腔外科顎関節症予防歯科審美歯科

なりのぼう歯科口腔外科クリニック

TEL 076-274-5432

インプラント治療

インプラント治療は口腔外科専門医、
インプラント専門医である院長が治療にあたります。

当院のインプラント治療

認定証 インプラント治療は院長が担当します。
院長は
(公社)日本口腔外科学会、
(公社)日本口腔インプラント学会認定の専門医

です。


社団法人 日本口腔外科学会
      『石川県の専門医』

公益社団法人日本口腔インプラント学会
      『専門医・指導医』


 外科、インプラントの両方の専門医を所有している歯科医師は北陸でも3名しかいません。
 インプラント治療は基本的には外科的手術治療になり、口腔外科の手術手技が必要となります。またインプラント治療は診断から治療、メンテナンスにおいてインプラントにおける特殊な技術、知識が要求されます。つまり外科的な知識、技術、インプラントの知識、技術が要求されることになります。当院ではダブルライセンスを取得しており外科的専門医の技術を生かした、安心、安全なインプラント治療に努めています。

 インプラントが最善の治療とは限りません。非常にリスクを伴う場合もあります。専門医としての見解から安全な治療で最適な治療方法を説明させていただきます。


公益社団法人 日本口腔外科学会
公益社団法人日本口腔インプラント学会


インプラント治療はどこで受けたらいいの? 専門医がお答えします



インプラント治療とは

インプラント

失ってしまった歯の替わりにチタン性の人工の歯根を用いて歯を再建する治療法です。義歯と違って取り外しの必要がなく、しっかり咬めるようになります。またブリッジ治療とは違い周囲の歯牙を削合する必要がなく、周囲の歯の負担軽減にもなります。
前歯のような審美的要求度が高い部位でも様々な技術で審美的なインプラント治療が可能です。



インプラント治療に必要な条件

インプラント治療を行うには十分な骨と軟組織が必要です。ただし、すべての人が十分な条件を満たしているわけではありません。それを補うために骨の造成治療があります。自分の骨を使用したり人工骨を使用したりして骨の増大を行いインプラント治療を行うのです。
機能的、審美的な状態を良くするために軟組織の移植が必要な場合もあります。
全身的な疾患などで創傷治癒に問題がある場合や局所的に条件が悪い場合にはインプラント治療が適さない場合もあります。



インプラント治療に必要なこと

インプラント治療は歯肉を切開してアゴの骨にチタン性のスクリューを埋入する手術治療の一つです。骨移植や軟組織の移植を伴う場合もあり特別な手術技術が必要となります。安全、安心な治療を行うには十分な解剖学的知識外科手術の経験が必要なのです。
またインプラント治療は歯の欠損治療の一つの方法であって、歯周病治療、咬合治療、顎関節治療、根管治療など総合的に口腔内を治療していかなければお口の健康は保てません。つまりインプラント治療にはお口の中をトータルに見て行く総合的な力が必要です。



手術に大切なこと

手術にはどこにどんな神経、血管が走っているかなど解剖学の熟知が非常に重要です。頭で覚え、目で見て、手術を経験して身についていきます。この知識、経験が安全な治療に結びつき、ひいては万が一の偶発症の時も適切な対処へとつながるからです。



インプラント治療に必要な環境

手術器具

インプラント治療は手術治療の一つです。つまり手術ができる清潔な環境が必要です。周囲と閉鎖できる手術室があること。器具をたくさん置いたり、術者、介助者以外の外回りの人間が術野に近ずかづに動ける広さがあること。手術は清潔な環境で行わなければならないので、清潔区域、不潔区域の区別がはっきりされていることが重要で、またスタッフ全員がそれを理解していることが大切です。一般の外科手術では当たり前のことです。

インプラント手術の様子

当院では周囲と隔離できる手術室でインプラント治療を行っております。また術者、介助者すべてがディスポーサブルの滅菌術衣を着て、器具を置く台や患者様へ掛けるデッキもすべてディスポーサブルの滅菌デッキを使用しております。清潔、不潔領域の区別を十分に行っております。顔面の消毒、口腔内の消毒から器具の消毒まですべて病院口腔外科手術に準じた環境で行っております。



インプラント治療の手順

  1. 歯型の採取、レントゲン検査を行います
  2. 模型上にて最終的な補綴物の状態を再現し、治療のゴールをシュミレーションします。
    (診断用ワックスアップ、理想的なインプラントの埋入位置やその他の処置の必要性などが診査できます)

    診断用ワックスアップ

    診断用ワックスアップ

     

    埋入ポジション ステント

    サージカルステント

     

    埋入ポジション ステント(拡大)

    サージカルステント

  3. CTにてインプラント埋入部位の骨の精査を行います。
    (骨の質、形態、神経血管の走行位置、骨内病変の有無など様々な情報が得られます)
  4. シュミレーションソフトにてインプラントの埋入部位、方向、付加手術の必要性を検討し治療法を決定します。

    これらの診査、診断の手順が安全で機能的なインプラント治療を行うには不可欠です。
  5. サージカルガイドにてインプラント埋入手術を行います。

症例

症例1

定型埋入手術症例(インプラント埋入手術のみ、付加手術なし)

術前

左右上顎臼歯部に歯牙の欠損があります。

術後

左右上顎臼歯部をインプラントにて修復しました。


術前

右下顎臼歯部に歯牙の欠損があります。

術後

右側下顎臼歯部をインプラントにて修復しました。


術後のレントゲン写真

インプラント治療後のレントゲン写真です。
上下ともに骨条件が良く手術はインプラント埋入のみで行う事が可能でした(定型埋入手術)

症例2

前歯部審美症例(抜歯即時埋入手術)

術前

上顎の前歯が破折してしまい、残念ながら抜歯が必要です。
抜歯後の欠損補綴にインプラント治療を選択しました。

術後

抜歯と同時にインプラントを埋入する、抜歯即時インプラント治療を行いました。同時に行うことで歯肉の状態がきれいに維持されています。

症例3

前歯部審美症例(自家骨移植併用)

術前

歯根の破折があり保存困難な状態です。以前、歯根の手術を受けており、骨がない状態なのでまずは抜歯を行います。


抜歯後

安全に骨移植が行えるように2ヶ月間抜歯した部位に歯肉ができるのを待ちます。骨がないので歯肉が陥凹していきます。

補綴後




  自家骨移植を併用してインプラントを
  埋入しました。
  約3ヶ月仮歯で歯肉の状態を調整して
  最終補綴物を装着しました。

症例4

臼歯部骨造成手術併用症例(自家骨移植)

術前

抜歯後数年経過しており、骨が吸収して顎堤が細くなっています。このままではインプラントは入りません。

術後4ヶ月

インプラントの埋入と同時に骨造成手術を行いました。
手術後4ヶ月の状態です。骨の幅が増大しています。(自家骨移植)

最終補綴物が入ったもの

最終補綴物が入りました。

症例5

スプリットクレスト(骨分割術)併用症例

術前

骨の幅がなくて、このままではインプラントがはいりません。骨幅が3mmあったのでスプリットクレストにてインプラントを埋入することにしました。
3mm以下では、ベニアグラフトが必要になります。


術中

骨の頂上に専用バーやピエゾサージェリーで切り目を入れて、頬舌側に専用器具で骨を広げます。スペースができたところにインプラントを埋入します。自分の皮質骨(外側の硬い骨)を温存することができるので、きれいな回復が望めます。

術後




  最終補綴物が入りました。

症例6

無歯顎症例(自家骨移植併用)

術前

歯の欠損と下顎骨の萎縮が見られます。
顎の骨が萎縮しているため義歯が動き、十分な咀嚼機能の回復が困難です。


術後

骨移植を併用してインプラントによる固定性ブリッジで咬合機能の回復を行いました。

術後


  固定性ブリッジなので動くことなく、

  十分な咀嚼機能の回復がなされました。

症例7

特殊症例(埋伏歯抜歯、骨移植併用)

術前

義歯の不具合、咀嚼障害を主訴に受診されました。義歯の金具をかけた歯が動揺してきています。金属床による義歯を何度も作ったが、十分咬むことができなかったようです。

治療中

動揺している歯は抜歯しました。義歯での咀嚼機能の回復は難しいと考え、インプラントによる咬合機能の回復を計画しましたが、骨の中に歯が埋伏した状態にありインプラント埋入に支障がありました。


CT写真

X線CT写真。
上顎骨内に埋伏歯が認められます。

 

術後

口蓋から骨を開けて埋伏歯を抜歯しました。骨欠損部に骨移植をして同時にインプラントを埋入しました。固定性のインプラントブリッジでの咬合機能の回復を行いました。十分咬めるようになりました。

症例8

重度骨欠損症例
事故にて前歯5本と上顎骨が欠損しました。
自家骨移植を行い、インプラント治療を行いました。

CT写真

外傷により前歯5本がなくなり、骨も欠損状態となる。CT写真。

CT写真

骨の移植手術により、前歯部の骨の状態が回復し、インプラント埋入が可能となる。


治療中 術後


インプラント治療の付加手術について

骨や軟組織の状態が良くインプラント埋入手術のみで済む場合には必要ありませんが、状態が良くない場合には骨や軟組織の移植が必要になります。概ね以下の種類があります。

  1. 骨造成(GBR)
    自家骨および人工骨と特殊な膜を用いて骨の幅を作ります。
  2. サイナスリフト
    上顎骨が薄い場合に、上顎洞に自家骨と人工骨を移植して骨を作ります。
  3. ソケットリフト
    上顎骨が軽度に薄い場合に、インプラント形成窩から簡単な骨移植を行います。
  4. ベニアグラフト
    非常に骨幅が薄い場合には、自家骨を採取し、薄い部分にベニア状に貼付けて骨の幅を作ります。下顎骨の後方部より骨を採取します。
  5. リッジエキスパンジョン
    薄い骨を割って幅を広げてインプラントを埋入します。
    自家骨と人工骨の移植も必要です。


付加手術に必要なこと

付加手術には特別な外科的な手術技術が必要となります。骨を採取したり、骨を割ったり、上顎洞を開けたりと一般歯科診療では行わない技術が必要となります。顎顔面領域のあらゆる場所の手術を行ってきた口腔外科専門医の技術が生かされます。


◆ サイナスリフト

上顎洞という上顎骨と眼窩の間にある空洞に骨や人工骨を移植し、骨造成を行ってインプラント治療を行うものです。上顎洞は通常の歯科診療では接する部位ではなく、特別な知識と経験が必要です。
これまでに上顎洞炎、術後性上顎嚢包、上顎骨骨折、上顎腫瘍などの手術で上顎洞手術を数多く行ってきました。これらの技術、経験が治療に生かされます。


◆ 骨造成やベニアグラフト

骨幅の薄い部分に自家骨を採取して移植し、インプラント治療が出来るように骨幅をつくります。現在はほとんどが下顎枝という、下アゴの後方から骨を採取します。これまでに下顎骨骨折、下顎歯肉がん、下顎骨骨髄炎、顎変形症、顎骨嚢包などで数多くの下顎骨の手術を行ってきました。これらの技術、経験が治療に生かされます。



インプラント治療を希望される方へ

インプラント治療は最終の冠が装着されてからが大切です。少しでも長く持たせるために、定期的なクリーニングかみ合わせなどのチェックが必要です。入ったらおしまいではありません。つまり一生のおつきあいになります。ゆえに歯や歯周病の治療などお口の中すべてをトータルに診ていってくれるクリニックでのインプラント治療をお勧めします。インプラント治療はお口の中の治療法の一つにすぎないからです。だから我々は総合力を培うために日々努力を行っているのです。
全身状態や疾患などで創傷治癒(傷の治り)に問題のある場合や顎骨の状態によってはインプラント治療が適さない場合もあります。またインプラント意外の治療が適切な場合もあります。
それぞれに合った治療方法を御提供させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

pagetop

石川県(金沢市・白山市・野々市市)
インプラント矯正歯科、小児機能矯正小児歯科口腔外科顎関節症予防歯科審美歯科

なりのぼう歯科口腔外科クリニック

〒924-0039 石川県白山市北安田西1丁目19 TEL 076-274-5432

Copyright(c) 2007 NARINOBOU oral surgery & dental clinic. All rights reserved.